gshptop

 

Mouth Guard

マウスガード

 マウスガードとは 、「口腔内に装着する弾性を有した装置であり口腔での外傷を減少させ歯ならび 周囲の組織を外傷から保護するもの」 と定義される口の中の保護装置で、マウスピース、マウスプロテクターなどと呼ばれています。
マウスガードは外力から顎と口のまわりへの衝撃をやわらげ、歯の破折や、顎の骨折、口の中・口の外の軟組織のケガを防止するものです。脳震盪の予防にもなります。マウスガードは、上顎の歯につけることが多いのですが、受け口のようなかみ合わせの場合には、下顎の歯につけることもあります。
マウスガード
(クリックで拡大)

 

 

GSHPが製作するのはカスタムメイドマウスガードです

 カスタムメイドタイプのマウスガードです。歯科医師により個々の上下顎の歯型を取り模型上で製作するものです。一般的な材料はEVA樹脂と呼ばれるやわらかい材料を使用します。当然、適合性は市販のタイプに比べ良好であるため、維持力があり、装着感がとても良く、ケガから口を守り発音がしやすいため、試合に集中できます。

 

市販のマウスガード(マウスフォームド・タイプマウスガード)

 お湯で温めて自分で口の中であわせます。価格は安いが、はずれやすく、違和感があり発音がしにくく気分が悪くなるという欠点があります。
既製品のマウスガード  既製品のマウスガード

 

 

マウスガード装着が義務づけられているスポーツ

 公式規則に規定されており、マウスガードをつけないと試合にでられないスポーツがあります。
ボクシング
キックボクシング
K-1、空手の一部
アメリカンフットボール
ラクビーの一部
(高校ラクビー完全義務化)
ラクロス(女子のみ)
インラインホッケー(20歳以下)

 

 

 

マウスガードをつけたほうが安全なスポーツ

バスケットボール
水球
ハンドボール
サッカー
柔道、野球
自転車競技、相撲
レスリング、スキー
バレーボール
ウエイトリフティング
スノーボード
スケートボード
スカッシュ
マウスガードパンフレット
(クリックすると拡大できます)
 マウスガードパンフレット

 

topへ